フリーエンジニアのリスクと魅力

会社を辞めて独立し、フリーエンジニアになること自体にこれといった困難はありません。
しかし、それを続けていくのは思った以上に大変なことです。
仕事が取れるかどうかということ自体はその人間のスキル次第ですから、ある程度は想定の範囲内でしょう。
しかし、より問題なのは社員時代には経験したことのないトラブルに見舞われることです。
たとえば、2つの仕事を受けたのにもかかわらず、仕事が終了した後で受注先からひとつの仕事しか発注してないと言われる場合があります。
互いの確認ミスなのですが、会社を通した仕事ではないので損は自分でかぶらなければなりません。
仕事上のトラブルがダイレクトに自分に返ってくるというのは大きなプレッシャーになります。
(フリーエンジニアによくあるトラブルについて、詳しくはこちら

しかし、それでもフリーエンジニアになる者が数多くいるのはそれだけ魅力があるからです。
会社から与えられた仕事ではなく、自分で必要なスキルを学び、やりたい仕事を選ぶというのは技術畑の人間にとって大変な喜びです。
やりがいのある仕事でお金を得られるのはある意味、理想的な人生だと言えるでしょう。
そして、そんなフリーエンジニアは意欲に燃えてスキルを大きく伸ばし、結果として正社員のエンジニアの収入をはるかに凌駕する可能性が高くなります。
しかし、だからといって安易にこの道を選んではいけません。
魅力的な仕事には必ず大きなリスクがあることを肝に据え、覚悟と努力を常に忘れないことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme by: Allo les Parents, Powered by: Wordpress