コミュニケーションと女性の適性

IT業界は未だに男性の働く業界というイメージが強く、女性の比率は1割程度となっている職場がほとんどです。
フリーエンジニアについても企業から独立してなる人がほとんどであることから、同様の傾向があります。
しかし、トレンドの業界であるということもあって徐々に情報系の学科を出てIT業界に就職することを望む女性も増えてきており、その活躍が期待できるようなりつつあります。
エンジニアの仕事は地味な印象があり、一人で全ての仕事をしているかのように思われがちです。
しかし、職場における実態としては人とコミュニケーションを行わずには仕事が成立しないことが多く、適切なコミュニケーションがとれることが重要になります。
フリーエンジニアとなると一人で行う仕事の場合には自宅勤務となりますが、業務の依頼内容によっては依頼主のオフィスで働くことになり、何度も新しい職場で新しい人間関係を作らなければならなくなります。
そういった面においてフリーエンジニアには高いコミュニケーション能力が必要とされます。
新しい環境でうまく人付き合いをしていく強さは男性よりも女性が優れていることが多く、技術力とやる気さえある人材であれば男性よりも女性に適性がある可能性も十分にあります。
人間関係のトラブルがあったとしても社会的な傾向として女性側が有利な措置を受けることが多く、新しい環境を繰り返し経験しなければならない業務では女性の活躍が期待されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by: Wordpress